オホーツク 興部町 道 東

北海道「おこっぺ」道の駅で、無料で宿泊できちゃう鉄道車両があります!

たんに、なにかをもとめちゃうと、がっかりするでしょう。

「道の駅おこっぺ」を紹介します!
「おこっぺ」という町名はアイヌ語のオウコッペ(川尻がまじわっているもの)に由来し,オホーツクの海岸砂州により興部川と藻興部(もおこつぺ)川がかつて合流していたことにちなんでいます。
人口3790名の、酪農と漁業の町です。

じつは、ここの場所の一番の私のおすすめは「ルゴーサエクスプレス」簡易宿泊施設です↓
(ルゴーサは、ハマナスの意味)

もし、わたしが、本州に住んでいるライダーで、北海道を巡ってみようとなったら、ここの無料宿泊を利用します。

「ルゴーサエクスプレス」は、むかし名寄本線を走っていた車両を、改修した、宿泊施設です。
中を覗くと、10名から15名ほど寝られるスペースがありました。
開設期間は、毎年5月から10月頃までです。

詳しくは、下記のブログをご覧ください↓


Youtubeでも紹介しています!

夏は、若者でにぎわうそうです。
ちなみに、車体には、興部町の花「ハマナス」が飾られています!

ここの道の駅は、普通の道の駅を想像してはいけません。

人がほとんどいません。

ショップは、あります。

わたしは、食べたことがありませんが、食べログで「ソフトクリーム」が人気のようです。

ただただただ、休むところです。

住所は、紋別郡興部町幸町(国道239号沿い)になります。
旭川から紋別に入り、北上するか、名寄を通っていくか、ふたとおりの経路があります。
列車はないので、車かバスとなります。
(車で約3時間かかります)
道路が空いているので、飛ばしすぎないようにして下さい。
たまに警察います!

興部(おこっぺ)町を、名寄に向かっていくと西興部という町があり、むかし、私の親戚が住んでいました。
名寄本線に乗り、遊びに行きました。
駅の裏に、スキー場があったと思います。
いまはどうなっているのかわかりませんが。。。

北海道らしさを、満喫したいライダーのみなさんにおすすめの場所です。
また、おこっぺ町に興味のある方は、HPを訪ねると良いでしょう。


上の地図で左下にちらっと載っていますが、雪印メグミルク興部工場があります。
つまり、酪農の町でもあります。
本場のチーズを味わってみて下さい↓

北海道 チーズ 徹底管理された安心なファームよりチーズのお届け!ウオッシュ系[おこっぺ山のチーズ]が丸ごと400g 木箱付き!「誇り高きチーズ6品Aセット」送料無料!一部地域沖縄・離島別途800円 産直品の為、同梱不可 ほっかいどう/ギフト 自然食品/gift

-オホーツク, 興部町, 道 東
-, , , , , , ,

© 2020 「ほかほかほっかいどう」エリア情報 Powered by AFFINGER5